長湯について

長湯命名の根拠と誰によるのもかは知らない。
名湯であることには誰も異論はないところであろう。
現に私は、圧迫裂傷による左手の大怪我も今では痛みもなく過ごしている。
持ち込んだセクターのエレキでリハビリの毎日である。
入湯の繰り返しが回復の一助kじゃも知れない。
長湯には、歌詞碑が多くある、山頭火を始め多くの歌が碑としていたるところにある。
画像

画像

画像

画像


だだ今は、第二級アマチュア無線技士の国家試験を受けるために懸命に勉強中。
湯治なのか闘事なのかわからない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント